AR企画制作

 

ARを活用した販促支援

〜楽しんでもらうことが一番の接客〜

ARとは?

AR:Augmented Reality(拡張現実)

ARとは、[現実世界の映像や写真]と[仮想世界(バーチャル)の3DCGや動画]を融合する技術です。紙媒体と組み合わせて活用することで、多様な効果がうまれ、利用者へインパクトのある“告知のしかけ”となります。
企業や店舗、イベント等ではAR技術を活用した販促やPR活動が話題を集め、
「次世代のコミュニケーションツール」として注目されています。

バーチャル試着体験の例

マーカーを腕に巻いたり、貼付けたりしてカメラをかざすと、試着しているように表示されます。
バーチャル試着体験スライダを操作して色やデザインを変更したり、スクリーンショットで表示画像を保存することができます。

AR体験の図

ARのメリット(利用者/企業・店舗)

スマートフォンの普及により、利用者はいつでも情報を収集することが可能になり、またSNSにより自由に情報を発信、共有できるようになりました。アプリやサービスの利用を通して、ファンを増やし、共感を得るという企業や店舗のマーケティング目標につながっていきます。
モバイルARサービスは仮想体験への入り口を広げ、モバイル・マーケティングの特長と合わせて「利用者が得るメリット」が「企業や店舗への大きなメリット」へとつながります。

利用者のメリット

利用者のタイミング

パターン(色・形)の確認

購入に関する心配の解消

利用者がARを体験する

店舗のメリットにつながる

店舗・企業のメリット

SNSとの連携

アクセス解析

商品のブランド価値

ARの訴求力=クロスメディア戦略

紙媒体にARを活用することで、インタラクティブ性・ダイナミック性がプラスされます。ARを利用したカタログやDMなどの販促物では、相乗効果が期待できます。
また、他の表現媒体とARを融合させ積極的なクロスメディアの活用により、利用者とのコミュニケーションも深まっていきます。

クロスメディアの活用

Practical use of Crossmedia